脱毛クリームビキニライン

除毛クリームのビキニライン自己処理は危険

クリームは薬局やスーパーに普通に売られていて珍しいものではありません
肌表面の毛を溶かすのがクリームの特徴です
クリームは肌に負担のかかる処理方法ともいえます
とくに肌が弱い人はビキニラインも注意をしましょう
クリームでビキニラインを自己処理すると肌トラブルの元
ビキニライン、慎重に気をつけたい部位でもあります 
自己処理におけるビキニラインの代表的なトラブルを紹介します

■乾燥、肌荒れ
クリームでビキニラインを自己処理すると、乾燥や肌荒れを引き起こしがち
どうしてもクリームを使うと皮膚の表面まで一緒に削られてしまう
ビキニラインの皮膚表面が乾燥しカサカサになります

クリームだけでなくワックスを使用したときも同じようなトラブルがおきます
含まれている成分によって炎症や肌荒れ、カサつきを引き起こすことがある

■毛膿炎(もうのうえん)
毛膿炎は、毛抜きやクリーム、ワックス、テープなどで毛根から引き抜いたときにおこる
抜いた毛穴から細菌が入って化膿してしまう症状です
むりやり引っこ抜く方法で処理をしたときは、アフターケアをしっかり行う

■埋没毛(まいぼつもう)
埋没毛とは、皮膚下で埋もれてしまった毛のことをいう
皮膚下で発毛・成長してしい埋もれ毛とも呼ばれています
黒く目立ちビキニラインの見た目の印象もよくありません
さらに色素沈着や炎症を起こす場合もあるので注意しましょう

毛穴から出てこないので、皮膚表面から黒いポツポツが見える状態
クリームでは肌の表面もザラザラしてしまう
ビキニラインを安全にキレイにしたい人は、クリームでなくエステや美容外科
受診して光レーザーで施術をする方法もあります


■毛穴の開き
毛を抜いたとき毛穴から細菌が入り炎症を起こすことがあります
肌の表面が鳥肌のように毛穴ポツポツが目立ってくることも
肌ダメージが大きいので毛抜きはなるべく控えましょうね


ビキニラインでクリームを使うタイミングがあります
体の汚れが落ち、皮膚がやわらかくなったお風呂タイムがベスト
体調が悪いときは皮膚が敏感になっている
体調のよいときにクリームを使いましょう

サロン業界最安値の月々7,000円
永久に好きなだけ全身施術ができる人気のサロン





●ビキニラインの除毛は衛生的
ビキニラインをキレイにするとナゼ衛生的かといいますと
排泄処理などでビキニラインに雑菌が付くことを防いでくれる
排泄などで、ぬれた状態になると、臭いが発生してしまう
適切に性器周辺のビキニラインを処理することは、雑菌や臭いのケアにもなります

美容面でも、露出するファッションを着こなす人には大切なこと
いまでは水着にしてもビキニラインを隠す布の部分が小さいです
ビキニラインをきちんとしておかないと、はみ出してしまいますよね
はみ出すことを気にしながら、ずっと水着でいる状態も精神的にいやなもの

ビキニラインをきちんとしておくと好きなだけ大胆な水着もきれる
アクションやポーズもビキニラインがキレイなら大胆になれる

ファッション面から衛生面から考えてもビキニライン大切なことなんですね

スポンサードリンク

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。