いまさら聞けない「わきの処理」超入門

女性にとって「わき」のムダ毛処理は、常識ですね。
「わき」のムダ毛処理の仕方は、人によっていろいろあります。
自分でシェーバーやクリームを使っている人もいれば!
サロンやクリニックで永久処理をしたという人もいます。

「わき」なら自分で容易に手の届く部位です。
自分でキレイに「わき」のムダ毛を処理すれば、費用もかからず効率的です。
しかし、毎日のように「わき」のムダ毛処理しないと、スグに毛が生えてしまう。

半袖やノースリーブの多い夏場は、気が抜けないですね。
まわりの人に「わき毛」を見られるようなことがあったら大変です。
そんな「わき毛」の心配は、サロンで解決することをおすすめします。
サロンで「わき」のムダ毛を処理すれば、温泉や海外旅行も安心して出かけられる。
スポーツジムで半袖を着ることがあっても、わざわざ「わき毛」処理する必要がない。

サロンで施術をしたら、年中いつ「わき」を見られることがあっても大丈夫。
「わき」のムダ毛処理の時間とストレスから解放されるでしょう。
ただし、サロンでの「わき」の施術は2カ月~3カ月おきに通院する必要があります。
トータルで少なくても6回はサロンに通う必要があります。

最近のサロンでは、低価格競争が進んでいます。
「わき」だけなら、かなり低価格で処理できます。

ただし、料金システムによっては結果的に高くついてしまうこともある。
もし料金が気になる人は、回数無制限や期限なし保証のサロンがおすすめ。

多くのサロンでは、「わき」と他の部位とを組み合わせたコースを設けています。
サロンの「わき」のムダ毛処理は、自分でした場合と比べると違います。
格段にキレイな仕上がりですから、一度試してみることをおすすめします。





サロンへ「わきの処理」の前にやることチェック

初めてサロンに行くとき、何を着ていけばよいかと迷ってしまう人は多いでしょう。
サロンでは、施術の前に専用のウエアに着替えることになります。
「わき」だけの施術でも、ブラジャーやタンクトップは邪魔になる。
施術の前に邪魔なものは、すべて外すことになります。
専用のウエアは、バスローブやムームーのようなもの。
ビキニラインとなると、ペーパーパンツに履き替えるサロンが多いようです。

サロンに着ていく服装は、脱がしやすく施術後の肌の負担をかけないこと。
サロンに通うこの日ばかりは、オシャレより実用性を重視して選びましょう。

多くのサロンでは、施術後のアフターケアで肌を落ち着かせてくれます。
それ以上に施術後の肌は、とても敏感で抵抗力も落ちています。
肌がヒリヒリしたり、何かしらのトラブルを起こさないため。
しばらくは肌に刺激を与えないことが大切です。

肌に直接触れる下着は、できるだけ締め付けないものを選びましょう。
アウターも同様に肌に擦れたり締め付けない、ゆったりとしたものがおすすめ。
使われている素材は、肌に優しい綿素材がおすすめです。
紫外線による刺激から肌を守るために、夏でも肌が日に当たらない配慮が必要です。
ゆったりとした長袖やロングスカートがおすすめですね。
服装についての話は、前もってサロンのスタッフに相談しておきましょう。

スポンサードリンク
« |

コメントは下のボタンを押して別ウィンドウから投稿できます。

« |